• AEROSMITH 「NINE LIVES」 (1997)
    満足度87点 アメリカのハード・ロック・バンドAEROSMITHの12THアルバム「NINE LIVES」を聴きました。 前作「GET A GRIP」が個人的に名作だったためこのアルバムに関してはすごく期待して聴かせてもらいました。 結論から言うと前作ほどの魅力はなかったと思います。 前作は捨て曲がほとんどなかったんですけれども、今回に関しては捨て曲が結構あったと思います。 捨て曲がどの曲なのかとか書いてしまうと問題があるので書きま...
  • TRAVERING WILBURYS 「TRAVERING WILBURYS VOL.1」 (1988)
    満足度85点 GEORGE HARRISSON、JEFF LYNNE、BOB DYLAN、ROY ORBISON、TOM PETTYというスーパーバンドTRAVERING WILBURYSの1STアルバム「TRAVERING WILBURYS VOL.1」を聴きました。 いやーメンバーを書いていくだけでも、このバンドはすごいメンツで作られているバンドですね。しみじみ、そう思ってしまうバンドです。 一応覆面バンドとして活躍しようとしたみたいですけれどもバレバレっすよね。名前だけでも売れる!という風に...
  • MERCENARY「ARCHITECT OF LIES」 (2008)
    満足度93点 実を言うと、一回しっかり作って、PCがバグって二度目のカキコになるんですけど・・・、疲れたので手短に書きますね。 メロディックヘヴィーメタルの傑作です。そこに現代的なエッセンスの注入をしているところが、素晴らしいです。それはSOILWORKの様な近未来型デス・メタルを咀嚼して吐き出しているところにあります。真似では無く、自分たちのアイデンティティとなっているところが素晴らしいです。 曲も無駄な曲が...
  • INDEX I
    IN FLAMES・A SENSE OF PURPOSE...
  • IN FLAMES 「A SENSE OF PURPOSE」 (2008)
    満足度90点 ここ数作にあった大きな激変は少なく、今回は前作を踏襲した作品となった。 私が求めるIN FLAMESとは大きく異なるのだが、曲が良いので難無く聴ける程のクオリティの高いアルバムです。どちらかと言うと、徐々にSOILWORK的な近未来型のメロディックなヘヴィ・ロックを彼らは標榜しているのかな?前作よりもメタル度は下がっている気がする。 特にメタル度が下がっている曲がかなり、良い曲だったりするのだから・・・。...

プロフィール

まいるど

いままでYahooのブログで書いていたのですが、サービスが終了してしまい、Amebaに移行したのですが、こちらに移動することにしました。
Amebaには3,000件くらいの記事があるので、移行では無く、手作業で順次ブログに載せていこうと思います。
自分の記事を管理したいのが、最大の目的でありますので、ご容赦ください。

月別アーカイブ